Translate

2008年8月22日金曜日

真夏に咲くノースポール

こぼれダネのノースポールが咲き出してから、はや一ヶ月になるでしょうか?バラの鉢に育ち、ガチガチの土でよく大きくなったなー、と、思います。ヒョロヒョロしてますが、抜かずに様子をみたいと思います。
先日、頚・胸・腹部のCTを撮り、ひとまず検査が終了しました。幸い画像に写るような骨の炎症も臓器への転移は見つかりませんでした。が、顕微鏡クラスの「がん細胞の転移がない」とは言えないそうです。以前採取したガンを病理検査すると、どういう薬が有効か、が、予測できます。「ホルモン療法」(女性ホルモンに含まれるエストロゲンをとって大きくなるガンに対抗して、エストロゲンを与えない方法)・・・副作用が少なく今までどうりの生活が送れます・・・「化学療法」(いわゆる抗がん剤を打ちます)・・・いろいろな副作用があります。ガン細胞をやっつけますが、同時に、正常細胞にもダメージを受けますので・・・。私はホルモン療法を進められましたが、副作用があっても、化学療法にしてもらうことにしました。説明が正確ではないかもしれませんので、興味のあるかたは、詳しく調べて見て下さい。

2 件のコメント:

る~ さんのコメント...

ノースポール元気ですね。
育てたことがないのですが、
育ててみたくなりました。

治療いろんなやり方があるんですね。
私の知り合いにも受けたことがある人がいるので。
なんとなく分かります。
アンさん、負けずに頑張ってください。

アン さんのコメント...

る~さんへ  実家からもどったら私のブログに病気のことが書いてあってビックリしたでしょう。今日は一回目の治療があって、明日ぐらいから副作用が出てきそうです。まっ、なるようにしかなりませんので、記録としてブログに残していきたい、と、思ってします。ありがとう、る~さん。いつもる~さんのブログやコメント、楽しみにしています。                    ノースポールは、安い、ボリュームがでる、晩秋~6月頃まで咲く、こぼれダネで充分、という、なんともお得なお花です。今、他にも小さな苗になっていますが、これだけ、真夏の暑さのなかで、咲いたんです。変な天候だったからかな?