Translate

2017年3月30日木曜日

つるバラの芽吹き

つるバラが、芽吹きました。開花の画像はアップするのですが、どう誘引していたか、今期は記録しておきます。 コーネリア。後は、郡星。コーネリア鉢植えですが、根が地面に伸びています。
マダム ピエール オジェ  
郡星
アッシュ ウェンズディ 
アルミのラテスに ERフランシーヌ オースチン、ラ レーヌ ビクトリア、ロードリー オベロン、アンダーザ ローズ、ジィンジャー シラバブ、カーディナル ヒューム。
低めトレリスには、モニーク ヴィグ。ショートクライマーなので、今回のように低く仕立てるとどうなるのかなー。たのしみです。
デュシェス ドゥ モントベロ。上を向いて咲くので、この品種は、低めに誘引すると良いです。
ERウォラトン オールド ホールは、ゆるーく誘引してもさきます。
今日は、アグリチンキを散布しました。安全な液なので、扱い易いので、助かっています。

2016年6月19日日曜日

純米大吟醸 越乃梅里 を頂く

今日は、父の日。娘より、越乃梅里 大吟醸をいただきました。小黒酒造。DHCに買収された酒蔵。精米歩合 50% 度数15度
サプライズだったので、特別なおつまみの用意がなかった0(>_<)0鮎の塩焼き。冷しゃぶ、もやしとシメジのゴマ油炒め鶏のオーブン焼き乗せ、人参のグレープシード合わせ。後は、素麺、で、晩酌は終了。おっと、感想を忘れるところでした。  さすが大吟醸。フルーティーな香りと飲み口。美味しくいただきました。 娘に、ありがとう(^人^)

2016年6月17日金曜日

越乃寒梅 灑 をいただく

今日は、新潟が誇る、越乃寒梅 灑 の発売日。はい、早速頂きました。(o⌒∇⌒o)
灑、残雪の新潟北山亀田郷、凛と咲く一輪の梅の如く、美意識を貫く酒ありー越乃寒梅。旨い酒をどこまでも極めていく道の途中、新しい可能性を追求した 、『灑』は、米の旨味を感じさせながら、繊細でキレがよし。燗捨て難いが、冷や.冷酒がなおよし。晩酌もよいが、食彩と嗜むのがなおよし。今宵、 灑とともに彩のある酔い心地を。  裏 ラベルより。 頂いた感想。越乃寒梅は、お酒らしくない飲み口が良かった。こちらは、お酒らしい、飲み口。香りも良く、普通に美味しい。私、実は、口が肥えているのです。 日本酒好きには、是非、『〆張鶴  大吟醸』を飲んでみてほしい。あと、カーウ゛ドッチの『アルバリーニョ』は、この吟醸と似た、香りと味があります。

2016年6月7日火曜日

続 フレンチなローズたち

  新潟市に住んでいます。バラの季節は終わり。私のポリシーに、ご近所に花びらが飛ばない、花びらが庭に落ちない、があります。 ですから早朝の掃除、落ちる前の花がらカットが、わたしには重要。 カットローズのシャラパール。
コラーユ ジュレ。シャキッとした、樹勢はコンテスト向きかもね。   
ノースフレグランス。こちらもオススメ。長岡丘陵公園の香りのコンテストで賞をうけたバラ。手を尽くして直後に購入。    
ジンジャーシラバンブ。雑誌で見て惚れた。ル・マン欲しい。
カットローズ、シェリル。
ターンブルー。恐い((゚Д゚ll))もの知らずの初心者時代に購入した。   
フレグランス オブ フレグランシズ。
 ひより。
キムタクさんのバラ、ラピスラズリ。   
スタンダードのレディーエマハミルトン。
今年のマルシェルブはデカすぎて咲けない。
カットローズのペルジューク。どんだけ花びらギューギューなの。   
カットローズのフォンテーヌ。最高\(〇O〇)/
永遠のガブリエル。ルシファーはもう少し。
南部さくら。
クリーミーエデン。
ブノワマジメル。
デズニーランドローズ。
ERカットローズ、ペイシェイス。
ERカットローズ キーラ。