Translate

2008年6月16日月曜日

忘れられたアリストメリア

家庭菜園のはじっこで咲いているものがありました。「なんか咲いてるけどなんだろう?」「草むらだから、月見草じゃないの。」「そう言われてみるとそうかも。」こんな会話から数日後、なんと、アリストメリアがか細く、しかも、一本ずつ咲いてました。そういえば、数種類のアリストメリアを、とりあえず、と言う感じで植えたんでした。初めて植えてみて、とっても綺麗な花で、もう少し大事に育てればよかったと、非常に後悔しています。来年は、きちんと植えたいと思いました。


追伸  アリストロメリアではなくアルストロメリアと言うそうですが、どちらでもいいなかな?

2 件のコメント:

スナッフィー さんのコメント...

アンさんおはようございます。アリストメリアとってもきれい。今ごろの季節にいただいたアレンジメントにこのアリストメリア入っていることが多いです。

旬のお花なんですね。確か植えっぱなしでよい植物でしたでしょうか?

春の庭も少しずつ、空いた時間を見つけては抜き取り夏秋向けの花を植えています。が、メタボなネキリムシがいて、まだ小さな苗をチョキンされてしまうことが多いです。

今日は朝から5匹見つけました。バラにシャクトリムシも見つけ夏が近付いてきましたでしょうか。

新潟はまだ梅雨入りしませんね。小さい畑のピーマンが二つだけですが収穫できました。少しですが、収穫となると、とても嬉しい気持ちになりますね。

アン さんのコメント...

スナッフィーさんへ よそのお宅のアリストメリアは、やぶになるほど大きくなっていますが、私のは、これがすべてです。花の種類(色)がとても多いんですよ。宿根なのかなー?後で調べてみます。とにかく来年は気合を入れて、この花を育ててみます。私の畑も収穫の時期です。ズッキーニ、キュウリ、かぐら南蛮が、各1本(個)採れました。ホント、うれしいです。セロリ、食べないうちに花がさきました。まー、それもよし、かな。