Translate

2008年10月28日火曜日

樋口さんからいただいたセミダブルとハロウィンキティー

トイプーのキティーが、ハロウィンバージョンです。おしりがかわいい。キティーは、デジカメ写りがすーごく悪いので、ボツのなる画像がほとんど。なぜ?

先日、クリスマスローズでウィンターシンフォニーシリーズの樋口さんから頂いた、セミダブルです。開花状態で頂きました。「良くない花なので、」ということですが、セミダブルは、なかなか、貴重ですので、また、記念ですので、大切にしますネ。専門家は、今頃、咲かす事ができるんですネ。すごい。
つぼみの裏3辺が紫ピンクのような色。これが、ピコティーで、さらにセミの部分が色濃く出てるか、ピコティーになっていたら、私の所にはこなかっただろーなー、と、おもいつつ、眺めています。

2 件のコメント:

スナッフィー さんのコメント...

アンさんおはようございます。キティーちゃんかわいいですよ。ハロウィーンバージョンですね。

チロちゃんのキティーちゃんへの思いは一方通行かしら?

樋口さんからいただいたセミダブルじゅうぶんにきれいですよ。交配をして苗作りをなさって樋口さんのこれぞという花色・形に出会えるのはきっとわずかな確率なのでしょうね。しかもうまくいって種まきから3年かかりますものね。

きっと近い将来、もっと美しいクリスマスローズが誕生してくるんだろうなあ。楽しみです。

アンさんの黒の八重も本当楽しみ。クリスマスローズの前にバラの作業が待ってますね。

アン さんのコメント...

スナッフィーさんへ 訳あって、キティーとしばらく同居することになりました。一緒に暮らすと、犬も情が沸くのか、気の置けない関係になりつつあって、やむなく、チロを去勢しました。去勢は、一般的に行われていますので、何ら心配もなくやってしまったのですが、今、非常に後悔しています。去勢後、次の日までチロの様子が変で、震えるやら、体が固まったようになったり、まるで、廃人(廃犬)のようで、チロに何度も「ごめんネ」と、涙を流して謝りました。今、この瞬間でも、涙が、あふれてきます。今は、元気を取り戻しましたが、以前のように、ボールのように弾むチロではなくなってしまいました。バラは、雨と風で汚くなり、私の関心もすっかりクロリーに移ってしまって・・・。いけませんネー。11月の作業について、ネットで調べなきゃ。